STAFF BLOG

雨と宇宙兄弟

July,18,2016

旅先、とある民宿の縁側からの景色。
激しい雨音の中、この景色を眺めながら宇宙兄弟をひたすら読んだお話。

P1100212

わたくし事ではございますが、先日夏休みを頂き、種子島へ行ってきました。種子島といえばロケットの打ち上げ施設がある、JAXAの宇宙センターが有名ですが、私はどちらかというと、海のレジャーを楽しみながらトロピカルな時間をエンジョイすることが目的で種子島を選びました。が、しかし、写真でもわかりますように連日の雨、雨、雨。5泊6日の日程中、行きと帰り以外はずーーーと雨。毎日がゲリラ豪雨。肝心のトロピカル度は約2%。この日の為に入念に予定を立てていたのですが、ほとんどが晴れを前提として組まれていた為、予定は豪雨と共に海に流されもくずと化しました・・・・。さてどーする?なにする??これはもう宇宙センター行くくらいしかなくないか???などと途方に暮れる中、ふと滞在先の民宿の本棚に宇宙兄弟が。宇宙がテーマの漫画なのはタイトルからもわかっていたので、せっかくなら行く前に気分をもりあげてと考え、とりあえず読むことに。時間はたーーーーっぷりあるので、ひたすら読みました。・・・・・俺はいったい何しにここに来たのか。という邪念?を振り払い、ひたすら読みました。・・・・・するとさっきまでの気分とは裏腹に、徐々に読めば読むほどハマっていき、いつのまにか心は宇宙へ!今にも飛び立ちそうなマイハートを抑えつつ、しかし影響を受けやすい私の気分はもう、宇宙飛行士またはNASAのスタッフ。・・・・・機は熟したと悟り、いざ宇宙センターへ!さらになんと宇宙センターまで徒歩10秒!実は滞在先は宇宙センター目の前の民宿。こうして宇宙兄弟から得た宇宙に関する興奮と知識を、そのままわずか徒歩10秒で宇宙センターに持ち込み、宇宙を堪能できた、という雨天のおかげで宇宙に近づいた男のお話でした。
ちなみに
帰りの日は晴れたので少しばかり写真を撮りました。あと本物のロケットの展示写真を少々。

P1100283

P1100223

P1100226

P1100232

P1100339

P1100352

最後の写真は、帰りに種子島バーガーを買った時のものです。ついこの前、こちらのお店がテレビで紹介されていたので行ってみました。そこのアメリカ人店主に今回の旅の話をしてみました。すると店主から一言『人生ナンテ、ソンナモノデース』。以上が私の2016年の夏休みでした。